ショコラは大人の愉しみ

2009.08.10 Monday

0
    昨年からこつこつとブログらしきものを書いてきました。
    ここで、少し自分なりに一度思いや書きたいことをまとめてみたいと思います。

    スイーツブームがはじまってからどれくらい経ったでしょうか。

    私は大阪市内で手作りの工房/工場(規模的に言えばこの間ぐらい?)を経営しています。

    http://contedefees.jp/
    このサイトを観ていただきましたらわかるのですが、創業18年目を迎えるショコラ専門の工場です。

    実は、一般のお客様と触れ合いたいです!(笑)
    固い文章が多くなるかもしれませんが、定期的に書いていく覚悟なので、ぜひご遠慮なく質問などお願いします。

    私どものショコラはどのようにお食べいただいているのか、いつもは見えないので、コメント大歓迎です。

    私どもの業務は、いわば、欧州のショコラトリーがOEMで他社様向けに製造されていることがありますが、それと同じです。
    ただ、ショコラトリーの場合は、ご自分の店がありますが、
    私どもには小売商品、小売部門が無く、一般のお客様の話を聞くことがないのです。
    私たちはあくまでBtoBなのです。

    コントドフェ社屋
    うちの事務所兼工房は、
    1F倉庫、
    2F事務所
    3F工房
    4F倉庫
    となっていまして、この3Fの工房にてショコラをお作りしています。

    経験豊かなシェフショコラティエと数人のチームでライン化して、通常26種類のプラリネ、
    オランジェット、りんごチョコなどをランニングしています。
    他は、PB商品の開発と製造です。

    ところで、わかっていただける方にはわかっていただけるのですが(当たり前でした)、
    機械を用いて製造するといった感じのチョコレートは当社では基本的に扱いません。

    人の手で一つ一つ作り上げる、ハンドメイドのボンボンショコラ、プラリネと言われるものです。
    1粒ずつシルバーのトレイに乗って、ホテルのパティスリーなどに並んでいます。

    主としてベルギーのカレボー社からの輸入原料チョコレートを使用し、本場欧州と変わらないクオリティでお作りしています。

    有名なシティホテル様や、洋菓子店、エアライン機内食、ラウンジバーなどで、大人の愉しみとして食していただいています。
    「いるようです」、というのが正しいですが(笑)

    そうですね、アルコールなども風味のアクセントに使い、1粒ずつ販売しているようなチョコレートですから、「楽しみ」というより「愉しみ」という言い方が似合うのが、ボンボンショコラだと思います。
    どうぞお好きな方は今夜もワインやウイスキーと愉しんでください。

    にほんブログ村 スイーツブログへにほんブログ村
    コメント
    突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
    p-netbanking と申します。当サイトでは、
    「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
    ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
    どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
    気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
    貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
    お借りしてご案内をいたしました。
    是非とも、貴ブログのご登録、及び、
    ランキング参加を御願いできれば幸いです。
    こちらのサイトです。
    http://www.p-netbanking.jp
    検索バー横にブログ登録フォームがあります。
    また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
    重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
    なお、全く興味のない方は、削除してください。
    失礼いたします。
    • by magazinn55
    • 2009/08/10 2:31 PM
    コメントする