バレンタインデー明けの休日。。^^

2009.02.15 Sunday

0
    sweetsnote

    もう三時ですが、空が冴え冴えと晴れ渡っています・・・。
    と、いい感じで書きはじめたかったのですが、曇ってます(笑)
    でも、窓を開けても過ごしやすい、まるで春のような陽気。
    心地良いです〜。

    ええ!私どもチョコ屋にとっては、バレンタインデー翌日の今日2/15が元旦なんですよ^^
    違いますかね?(汗)
    今年もスタッフの皆さん、本当にご苦労様でした!
    これからも一年頑張りましょう。



    画像のスイーツノートという誠文堂出版さんのムック誌。
    (今年の本物の元旦が発行日です)
    特集記事として

    「バレンタイン&ホワイトデーショコラ」

    とあります。かつてはこんな嬉しいことはなかった。
    ショコラティエの特集をしたムック誌が出版されていることもそうですが、
    何しろ、ホワイトデーもショコラと括られているのです。

    そこで、ホワイトデーの謂れ、を調べてみました。
    大きくは二つの説。

    全国飴菓子工業協同組合のホームページには、、
    http://www.candy.or.jp/index.html

    バレンタインデーのアンサーデーである、ホワイトデー。
    1978年(昭和53年)の名古屋に於ける総会で飴菓子業界の総意として決議採択されて全飴協ホワイトデー委員会が組織され、
    そして2年間の準備期間を経て1980年(昭和55年)3月14日に第一回ホワイトデーが世に生まれ出たのです。

        --ホワイトデー公式サイトから抜粋。


    そもそもは80年代の初期に、キャンデーの需要を高めるためのイベントとして集約されたようです。
    飴の材料が砂糖、砂糖は「白い」、からホワイトデーとなった説。

    一方、少し早まること1977年、石村萬盛堂さんというマシュマロをホワイトデーのお返しとして発売された会社があります。
    福岡のお土産として、あの「鶴乃子」というふわふわしたまるでマシュマロのような和菓子を頂かれたことがないですか?
    http://www.whiteday314.jp/
    マシュマロ説のほうが多いように感じるのは、私どもが西のせいでしょうか。
    原料のゼラチンの90%はコラーゲンとか、マシュマロは美肌にとても良いとのことです。
    いいですねぇ、チョコレートコーティングでポリフェノールもたっぷり、完璧です〜^^

    東では、電通や広告代理店なども入って、一大「ホワイトデー=キャンデーを食べる日」というキャンペーンが1980年に行われているようですから、むしろキャンデーの日という認識なんでしょうか?

    私はすべてのお菓子は人に、喜び、癒しやリラックス、心の安定を差し上げるものだと思っています。
    そしてまたお客様は常に新鮮なものを求めておられることも理解しています。
    私たちは一歩ずつ確実に、「今の時代に合うけれども本物」の美味しさをご提供できたらと願っています。

    そうそう、お隣の韓国では4月以降も、各月14日にブラックデー、イエローデー、ローズデーなどがあるそうですね〜
    そのうち、日本でも取り入れられるかもしれませんね!
    コメント
    はじめまして。「鶴乃子」のキーワードでたどりつきました。
    3月14日のことは、自然発生的にできた面もあると思っていましたが、それならば3月14日もチョコレートで、となってもおかしくなかったはずですね。やはりどなたかがしかけたのでしょうね。
    コメント有難うございます!
    「鶴乃子」さまさまです。
    はい、もう昔のお話ですが全国飴菓子工業協同組合さんのお話ではそのようです。
    ギフト要素の強い商品はそうなりやすいのかなとも考えます。
    • by minami
    • 2009/03/05 7:10 PM
    コメントする